店舗案内

スタッフプロフィール

大村トレーナー

スタッフ紹介

メイン講師 大村亜津子 CPDT-KA

人道的で科学に基づいたドッグトレーニングの国際基準であるCPDTーKA保持者であり、さらには動物行動分析家として世界的権威であるヴィベケ・リーセ氏率いるRPTM JAPAN GOLD STAR 1 1期生である。
どちらの資格も持っていて更には実践経験が豊富なトレーナーは数少ない。
また彼女は「アニマルウェルフェア」を基本とし、「動物達の福祉のプロであり、動物達の味方」であることをドッグトレーニングの理念とし活動している。
さらに「しつけをしないドッグトレーナー」として東京湾岸エリアで犬の幼稚園の園長を勤め、動物病院でのパピークラスやまたコンサルティングなども手掛けている。
そして彼女は動物看護師としての経験も積んでおり、犬の心と身体の両方からアプローチ出来るアニマルフェルフェアを最も忠実に実践しているドッグトレーナーである。

好きな事 食べること、寝ること、旅行。それにやっぱりドライブ
特技 人の前世が見える。時々、未来も見えたりする。アニマルコミュニケーション。

ATSUKO‘S STORY

前職はフォーミュラーレーサーとしてレース界に身を置いていました。数年の下積み後、やっとチームに恵まれ頭角を表すようになると、決勝前にタイヤに細工されたり、ステップアップしたチームでは情報の開示を操作されるなどの嫌がらせをされるほど実力を認めらる存在になりました。
そしてチャンピンのタイトルを2年連続で獲得、ワークスドライバーとして海外遠征などもするように。
でも成績を残せば残すほど孤独になり、純粋に戦う事が出来なくなり引退を決意をしました。
そんな状態での引退でしたから、一時は引きこもり状態にまでなってしまいました。

でもそんな時、空(くぅ)さんと言うカニンヘンダックスを迎えた事で、私の人生が再び動き出しました。

子供の頃からずっと動物に囲まれて生活していましたが、その時彼らと一緒にいる時が1番自分らしくいられる事に気づき、動物関係の仕事に着こうと決心したんです。
ただ当時は保護犬などのボランティア活動がメインでした。
思えば子供の頃からずっと、そばで私を支えてくれていたのは動物達だったので、恩返ししたいとの思いからでした。
でも保健所から救えるのは、人慣れした子だけで、人に攻撃的に振る舞う子たちは救ってあげることが出来ませんでした。

その時私は何かおかしいと感じていました。
当時はまだ応用行動分析学も、学習理論も、もちろんストレスサインなどと言う言葉も全く知らない時代でしたが、それでも犬が人に向かって攻撃的になると言う事は、それは人間が犬に攻撃性を引き出すような経験をさせたことが原因だと言う確信がありました。
それなのに私たち人間が傷つけた犬たちを救うことができないことに違和感を感じ、私はドックトレーナーとしての道を歩むことにしました。

そこで様々なスクールに行きましたが、どれも私にはピンと来ませんでした。だから国内のライセンスは持っていません。
当時本も出されている有名なトレーナーさんのイベントを拝見した時、自分の子との見事なヒールを披露していました。確かに素晴らしいパフォーマンスで、トレーナーさんがいかに離れようとも絶対に左の足元に磁石ようにピタッと付いて離れませんでした。
そのトレーナーさんのドヤ顔と裏腹に、その子の不安そうで必死な姿に私はあれがトレーナーだと言うなら私はトレーナーにはなりたくない!と思い、そのステージを直視出来ず立ち去った事を今でも鮮明に覚えています。

この当時はもちろんまだストレスシグナルと言う言葉を知りませんでしたが、私はそれを受けとっていたのだと思います。
ちなみに今私がトレーナーと名乗っているのは、便宜上トレーナーという肩書きが1番皆さんに伝わるので、そう言っているに過ぎません。
そこで自分なりに勉強し、経験を積むことにしました。そんな時ある大手のトリミングサロンでトレーナーとして勤務する事になり、愕然としました。
罵声を浴びせられ、力任せに無理矢理トリミングされている現場。トリミングサロンに来ると震え上がり逃げ出そうとする犬達。
でも家族までそんなわんちゃん達の声を聞こうとせず、お利口にするのよ、と言って置いていく光景が辛く、直ぐに退職してしまいました。

そしてこの壮絶なトリミングと言う現場を目の当たりにし、やっぱりオビディエンストレーニングなんて必要じゃない、本当に必要なのはこの子達を苦痛から救ってあげる事だ!と、一念発起し幼稚園と併設のトリミングサロンをオープンする事になりました。
ですから幼稚園のメニューの中にグルーミングレッスンを取り入れ、メンタルを育む事を基本とし、怪我をしない身体作りにも力を入れています。

私は人間に都合に良い犬を育てるつもりはありません。
私は犬を幸せにし、いつでもいつまでも笑顔で暮らせるお手伝いをしたい。
だから最初からお座りだの、マテだのそんな事は教えていません。

大切なのはこの子達が幸せに暮らせるようなスキルを身につけられるようにサポートする事なんです。

国内では類をみない、いつでも犬側の視点に立ち犬の味方であり続ける幼稚園として、今後この業界をリードして行くパイオニア的存在になるべく奮闘中です。

そして私をここへ導いてくれた、今は亡き私のアースエンジェル空(くぅ)さんに心から感謝。

取得資格

 

 

≪プロフェッショナルドッグトレーナー認定評議会≫

 

 

提携病院

・動物救急センター

 

 

 

店舗情報

  株式会社 cooilio
店舗名 ボヌール・デ・シアン
所在地 東京都中央区佃2-13-12
TEL 03-5859-0858
FAX 03-5859-0858
営業時間 10:00~19:00
定休日 毎週木曜日

アクセスマップ

月島駅 徒歩5分

第一種動物取扱業者標識

登録名 ボヌール・デ・シアン
種別 保管・訓練
登録番号 006776(保管・訓練)
登録日 令和2年5月22日
有効期限 令和7年5月21日
動物取扱責任者 大村篤子