ももちゃんの主導権?

わんちゃんの心も育む犬の幼稚園に通う、マルチーズの桃汰朗くん🍀 ちゃんと名前に反応し、呼んだら飛んで来るのにこの通り見事な素通りです😅💦💦 あれっ⁉️確か以前、直した気が・・・😅💦💦 そんなわけでまたまた呼び戻しのレッスンです🎶
ほら見事に先生の足元に戻って来ましたよ そしてパパとママとのお散歩では他のわんちゃんをひどく怖がる事があり、逃げ出してしまうとか💦💦 相手から積極的に来られるとさらにビビるらしいのですが、前回も今回もそれほどビビっている様子はありませんでした⁉️⁉️ なぜ先生と一緒だとあまり怖がらないんでしょうか⁉️ 実はこの動画の前に桃汰朗くんがちゃんと先生に付いて歩くようにレッスンした後でした🎶 このレッスンでよく分かるのが、最初桃汰朗くんは先生を全く無視して自分勝手に匂い嗅ぎをしています💦💦
先生が離れても全くの無視😅
これってどういうことかと言うと、桃汰朗くん主導の散歩になっていると言うことです😅桃汰朗くん主導のお散歩と言うことは、桃汰朗くんがパパとママを連れてお散歩しているのと同じ事❗️ 本来主導件を握りたいわけではないのに、お散歩の仕方で桃汰朗くんは”パパとママはボクについて来るんだ、ならボクが何処に行くかどこでどれだけ匂いを嗅いでもいいんだ!でもそれってボクが全ての事に対処しなきゃいけないんだよね💦💦 本当はそんな事したくないのに、パパとママはいつもボクについて来るから仕方ない😥 “って、思ってたら”ホラ!知らない毛むくじゃらの生き物が正面から突進してくるよぉ💦💦 そこで、キャー誰か助けてー‼️‼️“となり、パニックになってパパとママからも離れ草食動物並みにクリティカルディスタンスを取るというわけです💦💦 要するに主導権を握ってしまう事で、頼れるのは自分のみとなってしまい、普通飼い主さんの後ろに隠れたり、抱っこを要求したりするのですが、それが出来ないと言う訳です。よく知らないわんちゃんに吠える子がいますが、本当は桃汰朗くんのように草食動物並みにクリティカルディスタンスを取りたいのに、リードがある事で安心できる距離まで逃げることができないので吠えるという攻撃に転じる必要にかられちゃっているんですね💦💦 なので、レッスンの時はリードを使っていないんです。でも何度も言いますが、自分の子にこのようなレッスンは絶対にしないで下さいね‼️‼️これはちゃんと環境を整え、専門家が行うから安全に出来るんです‼️ くれぐれもお願いしますね🙇‍♀️
さてさてそんな訳で、先生について行けばいいんだ🎶 ボクがいろいろ決めなくていいだ🎶 だから知らないわんちゃんがいてもこの人に任せればいいだ🎶と、なり先ほどの動画のように落ち着いて挨拶するなり、上手に無視したり出来るようになるんです🎶🎶
こんなに小さくてしかもめちゃめちゃ可愛いのでつい桃汰朗くん主導になっちゃうんですが、それこそが桃汰朗くんがお散歩でビビる要因になっている、という訳なんですね😊
パパさんママさん、分かりましたか⁉️⁉️ そんなわけで近々またファミリーレッスンしましょうね🎶🎶

続きはこちらから

わんちゃんの心も育む犬の幼稚園に通う、マルチーズの桃汰朗くん🍀 ちゃんと名前に反応し、呼んだら飛んで来るのにこの通り見事な素通りです😅💦💦 あれっ⁉️確か以前、直した気が・・・😅💦💦 そんなわけでまたまた呼び戻しのレッスンです🎶ほら見事に…

Au bonheur des chiens ボヌール・デ・シアンさんの投稿 2017年4月4日